芋銀グループ 採用サイト HOME > 人事からのメッセージ

次の100年に向けて

実は世界の国々と比べても、日本人のフルーツ摂取量が極端に少ないことを、皆さんはご存知でしょうか?
それに加えて今後の人口の減少問題。創業100年以上の歴史を誇るイモギンですが、今まで通りのビジネスを続けていたのでは、規模を縮小せざるを得ないことは明白です。
しかしその一方で、ここ数年当社の売上高は右肩上がりの成長を続けています。

それは当社が常に新しい挑戦を続けているから。
次の100年に向かって、当社はまだまだ成長過程にあるといえます。


求む、ゼロをイチにできる人

これからのイモギンのために私たちが取り組むべき目標の一つは、“既存のフルーツという青果物に対して、付加価値をつけてお客様に提供していく”ことです。
それは新しい商品の開発であったり、フルーツを提供するための業態であったり、もしかしたら今はまだ日本に存在しない分野、そんな未来のビジネスかもしれません。

いずれにせよ、そこで求められるのは“ゼロをイチにする未来志向力”。
何もないところから何かを生み出すのはとても大変なことですが、イモギンにはそれを実行するためのバッググラウンドとチャンスは十分にあります。


あなたは何を「つくり」ますか?

次の100年を目指すため、新しい付加価値を提供するために、これからも私たちはいろいろなものを創造していかなければなりません。
そのためには当然、商品の企画を考える人・商品を製造する人・事業の仕組みをつくる人…など、たくさんの“つくる人”が必要になります。

日本中にもっと“フルーツ大好き”をつくるために、日本のフルーツをもっと世界に発信するために、あなたは何を“つくる人”になってみたいですか?


copyright © 2014- IMOGIN GROUP All Rights Reserved.