芋銀グループ 採用サイト HOME > 社員紹介 > 営業二課 森畠正輝

フルーツ生産者、そして消費者が幸せになる仕組みを――。

入社のきっかけを教えて下さい。

私が生まれ育った場所は田舎で、子供の頃から農業はとても
身近な存在でした。実際に祖父が野菜を生産していたこともあり、
漠然と農産の仕事に関心を抱いていました。
そのなかで、生産者の抱えている問題に対して力になりたいと
思ったことがこの業界を選んだきっかけです。

農産物を流通させる立場で、生産者を支える青果業界を中心に就職活動を
行いました。そして出会ったのが芋銀。
自由な社風と、面接を通して出会った社員の人柄が
決め手となり入社を決意しました。

現在の仕事内容を教えて下さい。

現在は国産フルーツを扱う営業二課でメロンを担当。
仕入れから価格の設定、スーパー・量販店への販売を行っています。

果物の中でも単価の高いメロンは、日常的に手にされる商品ではありません。
また、食べきれないという理由で、丸のままではなかなか売れないのが現状です。
そのため年間のニーズに合わせた販売プランや、カットしたメロンをカップに入れて販売するなど、
さまざまな売り方を考えながら提案を行っています。

また、仕入れでは売れ行きを予測しながら数量を決定しています。天候の影響で予測通りにいかないこともありますが、それがこの仕事の難しいところであり、面白いところでもあると感じています。


この会社で実現したいことを教えて下さい。

メロンだけでなく、国産フルーツの生産者は年々減少しています。
その背景には労働環境だけでなく所得の問題があると思っています。

私が目指しているのは、生産者にしっかり還元できる販売の仕組みを考え商品をつくっていくこと。
時代のニーズに合わせて、売り方を工夫することで、消費者の方にはもっと日常的にフルーツを味わって
もらえるはず。

フルーツを楽しむ方を増やしていくことが、きっと生産者の増加にもつながっていくと考えています。


社員インタビュー一覧に戻る

copyright © 2014- IMOGIN GROUP All Rights Reserved.