芋銀グループ 採用サイト HOME > 社員紹介 > 営業三課 杉本美貴

芋銀ブランドのフルーツで、たくさんの幸せを届けたい。

入社のきっかけを教えて下さい。

学生時代から農業に興味があり、農場に携わるという
一風変わったサークルに参加していました。
サークル活動を行うなかで、収穫した野菜に小さなキズが
あるだけで廃棄しなくてはいけないという現状を
目の当たりにし、このような野菜を何とかできないかと
考えるようになりました。
就職活動では果物が好きなことを理由に芋銀の説明会に参加。
そこで形の悪い果物をジャムにしたり、ジュースにして
販売したりしたこともあるという話を聞き、廃棄されてしまうような
農産物にも価値を見出していく会社の方針に惹かれ入社しました。

現在の仕事内容を教えて下さい。

業務用の果物・野菜を扱う営業三課で、コンビニのサンドイッチやお弁当に使われる野菜を
販売しています。
「このメニューを作りたいが、原材料は幾らくらいするか?」「どれくらい供給できるか?」といった
お客様からの問い合わせに対して、仕入先と値決めを行い、見積りを作成しています。

発注いただいたものをしっかり納品するまでが私の仕事。
扱う野菜はレタスなど天候の影響を受けやすいものが多いため、仕入れや在庫管理には気を遣います。
工場から発注される数量も日によって変動が激しいため、最初は全く予測が立てられませんでしたが、
最近では少しずつ先が読めるようになりました。


この会社で実現したいことを教えて下さい。

まずは今の仕事でしっかり利益を上げること。
また、最近では商品企画チームに加わり、新しい果物の売り方を検討しています。
例えば2個セットで箱に入れて、シールを貼って、POPを作成して等、各フルーツの担当と
話し合いながら商品の企画を進めています。

これらの商品が、将来的に消費者から選ばれる「芋銀ブランド」になることを目指しています。
私にとって食べることは幸せなこと。
その幸せを、芋銀ブランドを通してたくさんの人に味わってもらいたいと思っています。


社員インタビュー一覧に戻る

copyright © 2014- IMOGIN GROUP All Rights Reserved.